未分類 0 Comments

そもそもオフィスとはどのような場所でしょうか。誰もが理解しているように、そこは『仕事をする』ための場所です。それ以外の目的でも用いられることはありますが、やはりワーキングスペースとしての役割が、第一でしょう。もし何人も社員がいるならば、それだけ大きなワーキングスペース…いわゆる広さが必要になってきます。そのため、事務所を構えるとしたら、その点も参考に入れなければなりません。さて、新しく会社を興した人にとって事務所を構えるということは必要なことかもしれませんが、大きくコストがかかるため、様々な可能性を考えるかと思います。そこで利用できるのが、『バーチャルオフィス』や、『レンタルオフィス』といったサービスなのです。

バーチャルオフィスサービスを用いれば、いわゆる『仮の住所』を取得することができます。どういうことかというと、実際に都内の一等地とも言える場所に、『事務所を構えていることにする』ことができるのです。少しややこしいですが、その住所を実際に事務所がある場所としてプロフィール等に記載できます。また、レンタルオフィスは実際に事務所を借りることができます。本来であれば高額な土地でも、安く借りられる場合が多いです。